不動産事情の変化は

Home » リフォーム » 要因

リフォームが求められている要因とは

ここで、まずリフォームが求められている要因を考えてみることにしました。基本的な要因は「住宅への不満」と「快適生活への願望」が挙げられるようです。具体的にみていくと、前に述べた新築住宅市場が減少する要因と重なる部分があります。?省エネ思想の普及?ライフスタイルの変化?高齢化社会の到来?行政のバックアップ?高機能の住設機器?住宅部品の耐久性などのようです。

私たちがリフォームしようかなぁと考えるきっかけは、まずは修繕からであるように思われます。実際にデータによると「住宅が痛んだり汚れたりした」ことをきっかけにリフォームを実施したのは全体の42.5%(平成22年度)あるようで、 大規模なリフォームをする人は減少傾向にあり、戸建て住宅やマンションともに300万未満のリフォームが一番多く、ボリュームゾーンになっているようです。例えば戸建て住宅だと300万以下の「住宅設備の変更」「内装の変更」「段差解消、手すりの設置」などが挙げられるようです。ここでまず、リフォームにはどのような工事があるのかを述べていこうかと思います。