不動産事情の変化は

Home » リフォーム » トイレリフォーム

トイレリフォーム

最近、トイレのリフォームの広告やお店での商品紹介等をよく見かけますが、建築業界だけではなく、ホームセンター、家電量販店、ガス会社等今までにはなかった業界が取り組んでいるようです。そのトイレのリフォームにもいろいろあります。

今のトイレは節水機能や掃除簡単機能など便器の機能がどんどん進化しています。今までのように、便器を最新式にしたいということだけでなく、トイレリフォームのきっかけは様々で、例えば換気をよくしたい、収納を充実させたい、床や壁をきれいにしたい、年をとっても気持ち良く使いたいのでスペースを広くしたいなど要望は様々なようです。以前と違って、トイレを居心地良い場所にしたいと考えられているような気がします。

そこで、まず、これから便座、便器、トイレ空間全体と、小規模から大規模までのトイレリフォームについて紹介していこうと思います。

まず、いちばん簡単で手軽なリフォームは、トイレの便座を取り替えることです。今ではさまざまな機能も付いていて、お尻の洗浄はもちろん、便器を自動に洗浄したり、フタを自動に開閉したりするなどの機能が付いたものもあります。

また、便器を取り換えるリフォームもよくおこなわれますが、便器は頻繁に使われるので、スピーディに工事することが必要になってきます。新しく開発された「排水アジャスター」は排水位置が移動しても、もともとの排水口に接続すれば、工事を簡単にすることができるようです。

また、便器や手洗い器・紙巻器から収納や内装、窓まで、トイレをひとつの空間と考え、全体をリフォームすることもよいでしょう。たとえば便器をタンクレスにして、手洗い器を別にすることも、便器への配管をそのまま分岐延長でき、比較的簡単に取り付けることができるタイプもあるようです。また、紙巻器付きのカウンターの取り付けすることによって、ちょっとした飾り棚にもなります。掃除ブラシやトイレットペーパーの収納も工夫できそうです。また、床を水にもアンモニアにも強い床の材料に替えることで臭い対策や掃除や手入れがラクにもなったりします。また、ドアを遮音効果のあるものに替えることもトイレからの音もれを少なくするのに有効です。必要に応じれば、窓に断熱や防犯の処置をすることもあります。