不動産事情の変化は

Home » リフォーム » 節水便器

節水便器の仕組み

便器の節水機能は今では当たり前のようになっていますが、そもそも最初に節水便器が登場したのは今から35年程前と言われてます。それまでは1回にだいたい16〜20位使っていた水を13位に減らすことができるようになりました。節水機能の開発はその後もずっと続けられ、現在では1回5位まで減らすことができるようになっているようです。

http://www.stepon.co.jp/mansion/
中古マンションをお探しならココ

このような節水の基本的なメカニズムは「水流の工夫」や「加圧、吸引など補助力の工夫」や「出水位置の工夫」が関係してくるようです。例えば、「水流の工夫」としては、渦巻き状などの水流をつくることで流す力を強めることが大切で、また、「加圧、吸引など補助力の工夫」としては、補助タンクの加圧水やトラップの吸引力で流す力を強めることが大切になってくるようです。

そして最後に、「出水位置の工夫」としては、例えば上下半分ずつの出水をすべて上部出水にして流す力を強めることが大切になってくるようです。メーカーは、各々、これら3つのメカニズムを組み合わせて、より効果の高い方法を独自に開発していってます。タンクレスかどうかということで、どちらも節水効果はほぼ同じになるようですが、タンクレスの良いところはトイレ空間をすっきり広々と感じさせることと、メンテナンスや快適性などの多才な機能が付いていることです。ただ、その分価格は高くなっているので、機能と価格の比較が選択ポイントになると思います。