不動産事情の変化は

Home » リフォーム » リフォーム工事の六分類

リフォーム工事の六分類とは

リフォームを考えるにあたって工事の分類は六つに分けられるそうです。まず、一つ目が安全性の向上させるためのリフォーム工事で、二つ目が省エネ化であり、例えば太陽光発電や温水器の設置、壁への断熱材の工事、防音工事などがあります。そして、三つ目が高齢化への対応のリフォーム工事。そして四つ目が嗜好へ対応するためのリフォーム工事。そして、五つ目は老朽化への対応のためのリフォーム工事。六つ目が子供の成長に伴う変更にためや、人員の変更のためのリフォーム工事です。

このように、省エネ意識の高まりもあり、また住宅の寿命が延びているため、建物の修繕や機能の変更、室内の模様替えも増える傾向にあるようです。特にマンションでは修繕、模様替えが中心のようで、その中でも。特に使い勝手を改善するために住宅設備の変更をしたり、内装を好みへ変更したりすることが、第一位みたいです。全体的にみると、設備の改善や間取り変更、バリアフリーなどの、リフォームも増えているようです。

また、全般的には窓の断熱改修とLED照明は大ヒット中のようです。大きなリフォームではなく、簡単リフォームなら決断しやすく、その代表として窓の断熱修正とLED照明は人気があるようです。内窓を新設すること(二重サッシ)によって断熱や結露軽減や防音の三つの効果が期待でき、また、LED照明は電気代節約と長寿命が期待でき、省エネになります。