不動産事情の変化は

Home » リフォーム » 安心

浴室が二階でも安心

木造戸建て住宅の場合、浴室等の水まわりを2階に作るのは長年使っているうちに水漏れして、1階が水浸しになってしまう恐れがあるので避けるのが一般的でした。ですが、最近のシステムバスには、防水パンを底に組み込んだものもなどを駆使し、水漏れを防でいます。これで、安心して2階以上に浴室を配置することもがきますよね。

お手入れのメンテナンスが楽になるもの

浴室に発生するカビの原因は、皮脂汚れなどの栄養分、水分、そして湿度になってきます。カビの発生を防ぐためには、浴室を乾燥させることが大切になります。

賃貸住宅・賃貸アパートの物件検索サイト
ダイワリビングの賃貸

そこで、床に特殊な溝加工をすることで乾きやすくなった床があるので、それを使うことによって、浴室が乾燥してカビの発生を防ぐ効果もあります。また、浴室の排水口にたまった髪の毛や体の垢、石鹸カスなどを、簡単に集めてポイッと捨てられるように工夫された排水溝もあるようです。そのほかにも最近のシステムバスルームには、日頃の掃除などメンテナンスの負担を軽くする配慮がされています。

また、少し変わったものとして、タイル壁のシステムバスルームもあるようです。その他にも、浴槽から下の部分だけがシステムでできている「ハーフタイプ」を使えば、浴槽から上の壁や天井はタイルでも木でも自由に仕上げることができたり、居室と同じように、断熱ガラスに替えたり、内窓を付けたり、枠ごと新しい断熱窓に替えたりすることもできるようです。

マルチビタミンの情報満載のサイトはこれ(URL