不動産事情の変化は

Home » リフォーム » 浴室

気配りの寸法

浴室は家庭内事故が最も多い場所です。転んでケガをしたり、浴槽で溺れたりと…。とくにお年寄りや幼児にとっては危険な場所でもあります。安全性の面からと、無理のないスムーズな動作ができる寸法を確認することが、大切になってくるようです。また浴室では姿勢が不安定になるので手すりがあったほうが良いようです。

浴室はくつろぎの場である

最近の調査では、入浴にもとめるものの第1位は「くつろぎ、やすらぎ」というアンケート結果がでているようです。以前の調査では「衛生面」がトップでしたが、これは、システムバスの普及によって、浴室が清潔であることは当たり前の条件であると捉えるようになったからのようです。

実際にも、浴室に対する要望としては、例えば「体を伸ばしてゆったりとお湯に浸かりたい」や「お湯に浸かりながらテレビや映画を楽しみたい」や「できれば庭を眺めながら風呂に入りたい」、などが挙げられ、このことからも、浴室に対して「くつろぎの場」を意識している要望が目立ってきているようです。

体のために必要なアスタキサンチンはこれ
アスタキサンチンの情報を特集します

MR-Sの詳細情報はこちら