不動産事情の変化は

不動産事情の変化は

不動産事情も変わってきているようであります。新築住宅市場は、年々減少しつつ、逆にリフォームに対する需要は急増しているようであります。この新築住宅市場が減少する要因として挙げられるのは、七つほどあるようで、一つ目に人口の減少と高齢化の進展が挙げられ、二つ目は総住宅数が総世帯数よりも多いことみたいです。(量的にすでに飽和状態になっているようです)。また三つ目には長期的な金利の上昇もあげられます。四つ目は消費税率がアップしたことも大きく影響していると思われます。そして、五つ目は住宅の耐用年数が長くなったため、それほど早く家が傷まなくなったことがあげられます。また、六つ目に不況が長期化することで住宅購入意欲が低下していることなどもあります。そのため七つ目には中古住宅市場が見直されていることなどがあげられます。この七つの中で税率のアップは、これからも予測され、また、今まで控除されていたものが廃止されると言われている影響はこれからかなり出てくると思われます。消費者は新築住宅を購入するかどうするか、中古住宅にするかどうかをしっかりと考えるようになると思います。

糖化の特集サイト
こちらのサイトで糖化の情報はばっちり